大分の温泉旅行では、湧出量と泉質の数が日本一という別府温泉があります。

大分といえば、温泉と思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
湧出量と泉質の数が日本一という別府温泉、そして湯布院温泉があるのが大分県です。
特に別府は市内だけでも多数の温泉をかかえ、別府八湯と呼ばれる温泉地でもあります。

「大分の温泉旅行では、湧出量と泉質の数が日本一という別府温泉があります。」の続きを読む

カテゴリー:温泉旅行

東北の温泉旅行は、自分でスコップで掘って湯船を作るなど楽しみ方はいろいろあります。

東北温泉旅行を行う場合、北から南、もしくは南から北に移動するようなルートを組むと比較的計画が建てやすいかも知れません。
この場合、北とは青森県、南は福島県もしくは宮城県を指します。
山脈が南北にあるため、やや乱暴な言い方ですが、交通機関も南北に充実しています。

「東北の温泉旅行は、自分でスコップで掘って湯船を作るなど楽しみ方はいろいろあります。」の続きを読む

カテゴリー:温泉旅行

道後温泉を含めた松山の旅行の見どころ

道後温泉は愛媛県松山市にある温泉です。
温泉街は中心に重要文化財に指定された建物(本館)があり、そこで湯に浸かれます。
もちろん、その周辺にある旅館、ホテルにも湯が引かれていますが、雰囲気を味わいながら入るのであれは本館に入るのが一番です。

「道後温泉を含めた松山の旅行の見どころ」の続きを読む

カテゴリー:温泉旅行

日帰り旅行で温泉を楽しむには、インターネットや口コミで事前に下調べをすることが大切です。

日常を離れてゆっくりと温泉につかりたい。
けれど、泊まりがけでいく時間の余裕がないという人には日帰り旅行がお薦めです。
日帰りであれば荷物も少なく気軽に行けて、料金も安く済むというメリットもありますが、実際に実行しようと思ったらどこに行ったら良いかと迷う人も多いのではないでしょうか。

「日帰り旅行で温泉を楽しむには、インターネットや口コミで事前に下調べをすることが大切です。」の続きを読む

カテゴリー:温泉旅行

日光は、さまざまな見所があり、電車で気軽に行けるので、日帰りの旅行先としてもお勧めです。

カップルでも、家族でも、友人同士でも、思う存分楽しめまるのが日光です。
日光は、都心から電車で気軽に行けるので、人気があります。
有名な料理や、温泉、パワースポットとしても人気のある神社、また秋には紅葉の美しい峠道など、さまざまな見所が存在します。

「日光は、さまざまな見所があり、電車で気軽に行けるので、日帰りの旅行先としてもお勧めです。」の続きを読む

カテゴリー:温泉旅行

妊婦の温泉旅行は、安定期に入った6ヶ月目以降ご家族の方と一緒なら楽しめます。

妊娠中は旅行を楽しめないと思っているプレママも多いでしょうが、妊婦でも温泉旅行や普通の旅行は楽しんだという経験の方もいるでしょう。
旅行をするなら妊娠初期は避けたほうが良いです。

「妊婦の温泉旅行は、安定期に入った6ヶ月目以降ご家族の方と一緒なら楽しめます。」の続きを読む

カテゴリー:温泉旅行

家族のきずなを深める年末年始の温泉旅行

家族でゆっくり旅行に行きたいと思っても、普段はなかなか時間が取れないという方は多いでしょう。
海外旅行はまとまった時間と体力がなければ難しいし、国内旅行も平日忙しく働いていると計画する時間が取れないというのが実情です。
でも、年末年始なら、近場の温泉旅行にでも行こうという気になります。

「家族のきずなを深める年末年始の温泉旅行」の続きを読む

カテゴリー:温泉旅行

別府温泉は、日本一の湧出量で海地獄など地獄めぐりが有名です。

温泉はストレス解消にとても効きますが、お湯にゆっくりつかっていると、誰しもが幸せな気分になります。またその後で冷たい飲み物やビールを飲んだり、食事をしたりすると、満足感でいっぱいになりますし、お湯から上がって、さっぱりしてから気持ちいい風にあたりながら、お散歩するのもとてもいいものです。

「別府温泉は、日本一の湧出量で海地獄など地獄めぐりが有名です。」の続きを読む

カテゴリー:温泉旅行

有馬温泉は、世界的にも珍しいほど多くの成分が混合した温泉です。

日本最古湯、日本三名泉の一つに数えられる有馬温泉は、兵庫県神戸市に存在し、関西の奥屋敷とも言われています。昔から皇族や貴族に愛されてきたこの温泉の魅力とは何なのでしょうか。
有馬の温泉は、世界的にも珍しいほど多くの成分が混合した温泉であり、冷え症、腰痛、じんましんなど、多くの病気に効果があります。

「有馬温泉は、世界的にも珍しいほど多くの成分が混合した温泉です。」の続きを読む

カテゴリー:温泉旅行

子連れで旅行をするという時には気を付けるべきことが複数あります。

子連れで旅行をするという時には気を付けるべきことが複数あります。
もちろん子供の安全を第一に考えるというのは当然のことではありますが、ついつい宿泊先ではしゃぎすぎてしまったりして、マナーを逸脱してしまうということも時には考えられることです。

「子連れで旅行をするという時には気を付けるべきことが複数あります。」の続きを読む

カテゴリー:いろいろな宿泊

このページの先頭へ