名古屋と広島間の高速バスは、セレナーデ号が運行されています

現在、名古屋と広島間には夜行高速バスのセレナーデ号が運行されています。
どちらも起点を夜に出発し、目的地には早朝に到着するスケジュールになっています。
特徴として、広島県側では三次を経由します。

「名古屋と広島間の高速バスは、セレナーデ号が運行されています」の続きを読む

カテゴリー:高速バスを知りたい

金沢と名古屋間の高速バスは、1日10往復運行されています

北陸の中心地金沢と中京圏を結ぶバスは、1日に10往復運行されています。
運行しているのは名鉄バスで、始発が6時30分、最終便が18時30分です。
バスは駅前を出発した後、香林坊などの市内の停留所に停車した後、松任海浜公園、北陸小松などに停車しながら北陸道を南下、米原から名神高速道路に入り名神一宮インターに停車し、目的地の名古屋駅名鉄バスセンターに到着します。

「金沢と名古屋間の高速バスは、1日10往復運行されています」の続きを読む

カテゴリー:高速バスを知りたい

東京~富山間は高速バスが断然お得

富山から東京までの距離は約400キロあり、本州を南北に縦断するような感じです。
この2都市間の移動手段は、飛行機も新幹線もあるので、交通の便は比較的良い方だと言えます。
しかし、ここでは飛行機と新幹線で満足することなく、できるだけ安く、そして快適な旅をテーマに、高速バスの利用についてご紹介します。

「東京~富山間は高速バスが断然お得」の続きを読む

カテゴリー:高速バスを知りたい

広島と大阪の間に運航されている高速バスは、夜間の運行のものが人気です

中国地方の中心都市広島と大阪の間に運航されている高速バスには2つの特徴があります。
まず、この2都市間の人の動きはほとんどが新幹線での移動です。
新幹線であれば1時間30分程度ですが、高速バスでは5時間程度かかるため価格が安くても新幹線が移動の中心になっています。

「広島と大阪の間に運航されている高速バスは、夜間の運行のものが人気です」の続きを読む

カテゴリー:高速バスを知りたい

人気の路線名古屋東京間の高速バス

名古屋から東京に向かう高速バスは人気の路線です。
日中は都市間利用の人が多く、新幹線の方が到着が早いため利用する人は少ないですが、深夜便はとても人気があります。
特に金曜日や土曜日の名古屋発東京行きの深夜高速バスは人気が高く、ディズニーリゾートや関東方面に遊びに向かう人が利用する交通手段として臨時便が仕立てられるほどの需要があります。

「人気の路線名古屋東京間の高速バス」の続きを読む

カテゴリー:高速バスを知りたい

名古屋と仙台間を結ぶ高速バスは、名鉄が運行しています

名古屋から唯一東北地方と結んでいる高速バスは、名鉄が運行しています。
21:30に東海地方を出発したバスは、翌朝の6:50に仙台に到着します。
復路も同じようなダイヤで運航されています。

「名古屋と仙台間を結ぶ高速バスは、名鉄が運行しています」の続きを読む

カテゴリー:高速バスを知りたい

宮崎と福岡を結ぶ高速バスは好評であり、複数の路線が競合している

宮崎駅と福岡天神バスセンターを結ぶ高速バスは、西鉄バスが中心となって、九州産交バスなど4社共同で運行されています。
開設当初から乗客が多く好評を博しており、高速道路網の発達で約4時間で結ばれています。

「宮崎と福岡を結ぶ高速バスは好評であり、複数の路線が競合している」の続きを読む

カテゴリー:高速バスを知りたい

東京から名古屋への夜行バスの利用

東京から名古屋までの夜行バスを利用する場合には、関東を22時から23時ごろに出発して、愛知に翌日の6時前に到着するのが一般的です。
東京と愛知が距離的にそれほど離れていないこともあって、関東を17時ごろに出発して、名古屋に同日の23時ごろに着く夜行バスもあります。

「東京から名古屋への夜行バスの利用」の続きを読む

カテゴリー:高速バスを知りたい

城崎温泉に行って旅館に泊まりませんか

兵庫県で有名な温泉地として、名湯の1つ城崎温泉があります。
豊岡市の北部にあり、多くの観光客が訪れる有名な場所です。
特に冬の城崎温泉は、雪景色と共に温泉の湯けむりがマッチして、とても素晴らしい場所でもあります。

「城崎温泉に行って旅館に泊まりませんか」の続きを読む

カテゴリー:旅館を調べる

海からの恵みを存分に楽しめる伊豆下田の旅館

伊豆の下田は名所や旧跡が多く、特に黒船祭りの時の市内の散歩はお勧めです。
下田の旅館は、以前は海水浴シーズンの夏場とお正月の冬場のお客で一年分を稼ぐと言われていました。
そのためか、個人客に対しては夏場は忙しくてサービスがおろそかになって料金ばかりが高くなり、お正月は高い料金を取るために食べきれないような食事を出したりしたため評判が一時非常に悪くなりました。

「海からの恵みを存分に楽しめる伊豆下田の旅館」の続きを読む

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ