歴史文化が色濃く残る水戸にある旅館

北関東の茨城県に位置する水戸市は、徳川家ゆかりの地として水戸黄門の名でも知られる徳川光圀や、国の史跡に指定されている庭園の偕楽園が特に有名です。
明治時代以降において納豆の生産が盛んになったこの地では、現在も水戸納豆と呼ばれ多くの人々に親しまれ、納豆にちなんだ料理や土産の販売も行われています。

「歴史文化が色濃く残る水戸にある旅館」の続きを読む

カテゴリー:旅館を調べる

九州には有名な温泉が沢山あるためどの温泉地に行くか迷ってしまう

九州旅行には魅力が一杯で、各県名物の美味しい食べ物や景勝地、テーマパークなどが沢山あります。
その中でも温泉は老若男女問わず好まれ、人気温泉地が多くある九州ならどの温泉が良いか迷ってしまうのではないでしょうか。
参考として、九州の人気温泉旅館ベスト3を挙げてみましょう。
3位は熊本にある黒川温泉のいこい旅館で、黒川温泉街中心にあり、この地を代表する宿として存在しています。

「九州には有名な温泉が沢山あるためどの温泉地に行くか迷ってしまう」の続きを読む

カテゴリー:旅館を調べる

海のロケーションが見事な唐津の旅館

佐賀県の北西部に当たる唐津市は、対馬海流が流れる世界有数の漁場としても知られている玄界灘に面した市です。
秋季例大祭である唐津くんちが催され、笛や太鼓、鐘の囃子に合わせたひきこ達が掛け声と共に練り歩く姿が見られます。
一方、観光スポットには特別名勝に指定されている虹の松原や天山県立自然公園の見帰りの滝、波浪による浸食で形成された洞窟の七つ釜などがあります。

「海のロケーションが見事な唐津の旅館」の続きを読む

カテゴリー:旅館を調べる

宿場町の名にふさわしい木曽の旅館

江戸時代の五街道の一つに京と江戸を結んだ中山道がありますが、ここは別名木曽路とも呼ばれています。
街道に沿って11の宿場が置かれている為、木曽観光に訪れたら江戸時代の面影を辿りながらこれら宿場跡を巡るのも楽しいでしょう。
またこの地には、宿場町の名にふさわしい数々の旅館があるので、自然や歴史に触れながらのんびりと滞在するのにぴったりです。

「宿場町の名にふさわしい木曽の旅館」の続きを読む

カテゴリー:旅館を調べる

四季の旬の食材が味わえる香住の旅館

香住温泉は兵庫県香美町にあり、矢田川、余部、柴山、佐津の各温泉と共に香住温泉郷を構成しています。
泉質は弱アルカリ性、26度から35度の低温泉で、無色透明で神経痛や関節痛、冷え性などに効能があります。
温泉を利用している宿泊施設は14軒あり、内湯のみで外湯はありません。

「四季の旬の食材が味わえる香住の旅館」の続きを読む

カテゴリー:旅館を調べる

名湯鳴子温泉の湯を楽しめる旅館

宮城県の大崎市に位置する鳴子温泉は、奥州三名湯の1つに数えられる温泉地です。
826年に起きた鳥屋ヶ森山の噴火で温泉が湧出したのが始まりとされており、過去には牛若丸の名でも知られる源義経とその妻である郷御前の子供の産湯にも使われました。
日本国内にある11種類の泉質のうち9種類がこの地にあり、温泉の効能や泉質も良く人気の高い温泉地となっています。

「名湯鳴子温泉の湯を楽しめる旅館」の続きを読む

カテゴリー:旅館を調べる

由布院温泉の町づくりに深く関わってきた2軒の高級旅館

大分県の由布院温泉の湯は、由布岳の恵みを受けて毎分36,600リットルという湧出量を誇り、その量は全国で第3位で、源泉の数は全国で2位の852本もあります。
他の観光温泉地のように大型ホテルや歓楽街が整備されなかったことがむしろプラスとなり、鄙びた温泉地として人気となっています。
由布院の旅館は街並みから外れた周辺の河端や林、丘の上などに点在しており、湯量や源泉が豊富なことで一か所に集中することなく、敷地もたっぷりと取る宿が多いのが特徴です。

「由布院温泉の町づくりに深く関わってきた2軒の高級旅館」の続きを読む

カテゴリー:旅館を調べる

りんご生産量が一位の弘前市で泊まれる旅館

東北の青森県にある弘前市は県の西部に位置する市で、城下町として栄えた町は現在も中心都市となっています。
この地域はりんごの生産量が約20%と全国一位であり、市では「りんご色のまちHIROSAKI」をキャッチフレーズにりんごにこだわった街づくりを行っています。
また、鷹揚公園でのさくらまつりや国の史跡にも指定されている弘前城、推定樹齢が1,000年を超える大杉など見所は多くあります。

「りんご生産量が一位の弘前市で泊まれる旅館」の続きを読む

カテゴリー:旅館を調べる

歴史を感じさせる博多の和風旅館

九州最大のターミナル駅である博多駅の周辺にはホテルやオフィスビルが建ち並び、ビジネスや観光、ショッピング、グルメなど、様々なものが集結する福岡の中心的エリアです。
また、5月のどんたくや夏の祇園山笠といったお祭りシーズンには、街は観光客で溢れ返ります。
近代的な都市風景とは対照的な歴史を感じさせる旅館が、博多祇園町の横道に入ると2軒並んで建っています。

「歴史を感じさせる博多の和風旅館」の続きを読む

カテゴリー:旅館を調べる

下町情緒たっぷりの浅草の旅館

東京見物をするのに日本人も外国人も外せない場所の一つが浅草です。
下町の風情たっぷりのこの土地の人気は昔から衰える事がありませんが、近年では東京スカイツリーの登場で、更に注目度アップの場所となっています。
そんな浅草の雰囲気にピッタリ合う和風旅館に宿を取れば、下町旅の気分が更に盛り上がるでしょう。

「下町情緒たっぷりの浅草の旅館」の続きを読む

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ