仙台から京都へは夜行便の高速バスがお勧め

京都は誰もが知っている有名な観光地で、清水寺、金閣寺、八坂神社などの寺社の他に、大原、嵐山、哲学の道、三年坂、太秦映画村といった観光スポットが数多く集まっています。
このように沢山の見所があることから、多くの人が足を運び、情緒のある街の雰囲気を楽しんでいます。
一度訪れただけでは全ての名所を回りきれませんから、再び行ってみたいと思う人も多いでしょう。

「仙台から京都へは夜行便の高速バスがお勧め」の続きを読む

カテゴリー:高速バスを知りたい

南国の宮崎と名所の多い大阪を行き来する高速バス

縦に長い日本は、海沿いに面して新鮮な魚介類が名物となっている地域や、温暖な気候で全く雪が降らない場所など、47都道府県それぞれに特徴があります。
例えば関西地方に含まれる大阪は、通天閣やユニバーサルスタジオジャパンといった観光スポットが多々見られる地域で、また、食の都としても有名なこの地では、たこ焼きやお好み焼きなど地元グルメも楽しめます。

「南国の宮崎と名所の多い大阪を行き来する高速バス」の続きを読む

カテゴリー:高速バスを知りたい

北九州からの高速バスは路線が充実

本州から関門橋を渡り九州最初の地が北九州市で、九州の最も北に位置しています。
本州へは最もアクセスし易いので、中国や近畿方面へも気軽に出掛ける事ができますが、その時に使い勝手の良いのが高速バスで、路線が沢山揃っていて便利な存在です。
中国・四国地方で最も規模の大きい都市の広島市は九州最寄りの本州の大都市で、政令指定都市同士でもあるため利用率の高い路線となっています。

「北九州からの高速バスは路線が充実」の続きを読む

カテゴリー:高速バスを知りたい

京都・富山間は高速バスで格安に

旅行や仕事、帰郷などで国内を長距離移動する場合、交通手段には飛行機や鉄道をはじめ様々な方法がありますが、高速バスを利用するという手もあります。
高速バスは、飛行機や新幹線に比べると移動に時間が掛かるので、長時間座っていると疲れてしまうのではないかと思う人もいるかもしれませんが、近頃ではゆったり座れるよう座席シートに工夫がされている車両が殆どです。

「京都・富山間は高速バスで格安に」の続きを読む

カテゴリー:高速バスを知りたい

高速バスで観光名所の多い京都と横浜間を移動する

高速バスは、他の交通機関を使って移動を行うよりも比較的乗車料金が安く、往復で購入すれば片道よりも料金がお得になったり、学生であれば学割が利いたりと、通常運賃よりさらに安くなる様々な割引を設けた所もあります。
夜の間に走る夜行便では、利用客が寝ている間にバスが走行して朝方に掛けて着くため、その後の時間を有効に活用できます。

「高速バスで観光名所の多い京都と横浜間を移動する」の続きを読む

カテゴリー:高速バスを知りたい

鶴岡を往復する黄色のボディに赤い夕陽の高速バス

山形県の鶴岡は庄内藩の城下町として栄え、庄内盆地で収穫される米や特産のだだ茶豆などが有名です。
また、月山、羽黒山、湯殿山の出羽三山は、山岳信仰や修験道の地として多くの参拝客が訪れています。
首都圏と繋ぐ移動手段の一つに高速バスがあり、鉄道の場合は、上越新幹線と羽越本線を乗り継ぎ、新潟での乗り換えと待ち合わせ時間が必要で、所要時間は約4時間かかり、運賃は片道13,000円ほどです。

「鶴岡を往復する黄色のボディに赤い夕陽の高速バス」の続きを読む

カテゴリー:高速バスを知りたい

梅田から東京までは快適な高速バスで

大阪と東京は日本において東西の2大都市です。
この2地点間の人の往来は頻繁で、事実、飛行機や新幹線の本数は他の地域よりも圧倒的に多くあります。
同じく高速バスの運転本数も多数見られ、大阪の中でも特に発着本数が多い梅田から結ばれる東京への路線を幾つか紹介します。
まず、片道4,000円から価格設定されているのは、桜交通が運行する昼行便キラキラ号です。

「梅田から東京までは快適な高速バスで」の続きを読む

カテゴリー:高速バスを知りたい

大阪から愛媛に行くなら割安に利用できる高速バスで

瀬戸大橋や瀬戸内しまなみ海道といった道路の開通によって、近年では本州から四国に渡るのもそれ程大変ではなくなっています。
四国地方の温暖な気候は非常に魅力的で、中でも、特産品にみかんやいよかんといった果物が挙げられる愛媛県は、その特産品から非常に温暖な地域と言うイメージを持つ人が多いでしょう。
県内には道後温泉をはじめ、松本城や今治城、四国カルスト、とべ動物園、タオル美術館、宇和海海中公園など多くの観光スポットがあり、更に日本各地から訪れるための交通手段も多様にありますので、旅行にもお勧めできる地域です。

「大阪から愛媛に行くなら割安に利用できる高速バスで」の続きを読む

カテゴリー:高速バスを知りたい

県東部の中心都市である佐久へ行くなら高速バスで

長野県内に位置する佐久市は、古くから中山道などが交わる宿場町として栄えている地域です。
2005年の4月に行われた合併によって、長野県内では5番目となる10万人都市となっており、県東部の中心都市にも挙げられます。
また、江戸時代初期から藩主へ献上されていたと言われる鯉が有名で、引き締った身と泥臭さを含まない食べやすさが特徴です。

「県東部の中心都市である佐久へ行くなら高速バスで」の続きを読む

カテゴリー:高速バスを知りたい

京都と長野を往復する高速バスの種類

長野県は国内で海に面していない数少ない県で、県歌の題名にあるように信濃の国、信州とも呼ばれています。
古くから中仙道、北国街道、甲州街道など東西南北を結ぶ交通の交差点の位置にあり、現在も主要な幹線、交通が交わる地域で、長野自動車道や上越自動車道、新幹線や信越本線、中央本線などが走っています。
高速バスを運行しているアルピコ交通は、松本電鉄、諏訪バス、川中島バスが合併して誕生した新しい会社で、観光ツアーバスや高速バス路線も充実しています。

「京都と長野を往復する高速バスの種類」の続きを読む

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ