沖縄はダイビングスポットとしても有名です。1年中潜ることができます

沖縄には世界に誇れる海があり、ダイビングスポットとしても有名で、石垣島や宮古島で潜るのも良いですし、那覇から船でケラマ諸島に行き、そこでのダイビングも最高です。もちろん、本島で潜るのもよいですし、また、1年中潜ることができます。沖縄は年間通して平均気温が高いので、夏は3mmのウェットスーツでよく、冬の寒い時でも5mmのウェットスーツとフードベストがあれば快適に潜れます。

ドライスーツは必要ありません。
器材を持ち込んで潜ることもできますし、レンタルしているところも多いです。
お店によっては、器材の返却と同時にオーバーホールの依頼をすることができるお店もあります。
器材に頼るスポーツですから、器材のメンテナンスは必要です。

BCDジャケットおよびパワーインフレーター、レギュレーターとオクトパスなどの器材については、年1回はオーバーホールすることをお勧めします。1年中使わなかった、あるいは、年に1回しか使用していない場合でも、年1回のメンテナンスは必要です。器材のメンテナンスをしっかりしていると、安全で快適なダイビングが可能になります。

なお、どういう生物が見られるかはポイントによっても違います。
見たい生物がある場合は、事前にショップの人と相談しておくと良いでしょう。
海で潜って見れる景色は毎回違う表情を見せてくれますし、季節的にしか見られないものもあります。
そんな綺麗な海の写真を撮りたいフォトダイバーの方にも、沖縄の海は魅力的だと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイビングの旅

このページの先頭へ