大島には絶好のダイビングポイントが多数あり、島内では火山の溶岩も見られます。

大島までは、竹芝桟橋からジェット船で1時間45分、熱海からなら1時間もかかりません。
新橋から竹芝は10分ほどですので、都心から2時間あれば到着します。
そして、そこは離島特有の澄んだ海に囲まれており、絶好のダイビングポイントが多数あります。

三原山が過去に何回も噴火していますので、島内では火山の溶岩も見られますし、魚も美味しく、のんびり過ごすにも最高の場所ですが、ダイビングにも理想的です。
当然ですが、周囲は全て海ですので、どこでもダイビングが楽しめますし、元町や岡田の港からは船が出ており、港の少し横には海水浴場もあります。

大島では、びっくりするくらい大きな魚を見ることも珍しくありません。
小さな魚の群れも美しいですが、巨大な魚は圧巻です。
ただし、天候が悪い時には海も荒れますので注意が必要で、一見すると穏やかな海も、東京湾の外なので波が激しく油断は禁物です。

宿泊は、ホテルか民宿となります。
比較的きれいなホテルもありますが、民宿も趣がありますし、食事は魚介中心で安く提供してもらえます。

本土から船便で運ばなくてはならないものは、運賃の分だけ値段が高いのですが、地元の魚介は新鮮で廉価です。一般的な観光地のような施設はないものの、田舎を楽しむことで、大島を満喫できるでしょう。釣りを目当てに島を訪れる人も少なくなく、夏のシーズンはホテルや民宿は満室になることもあります。
ちなみに、有名な椿祭りが開催される春先は海が冷たく、泳ぐには向いていません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイビングの旅

このページの先頭へ