奄美大島は、太平洋と東シナ海に囲まれて透明度も高く、観光客が少ないこともあって絶好のダイビングスポットです

奄美大島といえば有名なのは、大島紬やアマミノクロウサギ、そして東洋のガラパゴスといわれる固有種などです。ダイビングスポットとしては、あまり知られていないかもしれません。
しかし、太平洋と東シナ海に囲まれた海は透明度も高く、観光客が少ないこともあって絶好のダイビングスポットなのです。

湾になっている場所や、海峡といった面白い場所もあります。
泳いでいる魚はもちろん熱帯魚で、珊瑚の綺麗なリーフで熱帯魚を見ながら泳げば、気持ちも南国モードに切り替わります。ゆったりと優雅に泳ぐ姿のウミガメに出会うこともあります。
そして、ダイバー憧れのオニイトマキエイ、通称マンタに出会うことも可能です。

本州ではなかなかお目にかかることのできない生物と共に泳ぐことができる楽園なのです。
また、他の地域に比べて観光客が少ないこともメリットのひとつで、海も綺麗で、ビーチに人が少なく、場所によってはプライベートビーチなみの人の少なさに驚かされます。
そして、ダイバーズショップがいくつかあるので、インストラクターの指導を受けて現地でライセンスを取ることも可能です。

地元の人たちにとっては見慣れた海でも、他の場所から訪れる人たちにとっては、美しいエメラルドブルーの海は楽園のようです。ダイバーズショップの方達も、奄美の海に魅せられて移り住んできたという人が多いのも頷けます。せっかくダイビングをするなら美しい海で気分良く、安全に泳ぎたいという希望を全てかなえてくれる場所が奄美大島なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイビングの旅

このページの先頭へ