ファンダイビングとは、ダイビングのライセンス、正式にはCカードを取得してから行うダイビングのことです。

ファンダイビングとは、ダイビングのライセンス、正式にはCカードを取得してから行うダイビングのことです。ファンとは楽しむという意味で、ダイビングは競技スポーツではありませんが、目的を持ってファンダイビングをすると楽しめますし、上達します。
目的と言っても、魚をたくさん見つけたり、地形を覚えるなどといったことです。

防水用のケースなども売られていますので、カメラを持ってファンダイビングをしてみましょう。
一緒に潜っている仲間の写真を撮ったり、魚などの生き物を撮るのも楽しいものです。
しかし、上達を目指すのは良いですが、仲間と競うのはやめましょう。
くれぐれも、空気をどちらがたくさん残すかなどを競うのは、生命の危険を伴いますので厳禁です。

また、同じ場所でも季節や天候によって海の表情が違いますので、見られる魚などの生物も違います。
また、同じ季節でも潜る場所によって海の様子は全く変わります。
同じ海はないと言っても良いくらいですから、ダイビングをしたら、記録を残しておくことが大切です。
記録するノートをログブックといい、水温や気温といったデータだけでなく、見つけた魚などを書いておきます。

絵を描いたりシールを貼るなどすると記憶にも残るでしょう。
感想を書いたり、仲間と寄せ書きしあったりすると、さらに楽しく書けます。
そして、ダイビングが終わったあとは器材をきちんと洗って、乾かしてから仕舞うようにしましょう。
調子の悪い器材は修理をしてから使用することも重要なポイントです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイビングの旅

このページの先頭へ