ダイビング初心者には難しいと言われる中性浮力の話

ダイビング初心者とは、スキューバダイビングの経験が数回程度の人のことを言います。
初心者である頃には上手く出来なくても、経験を積むことで出来るようになるものに中性浮力があり、それはダイビングの醍醐味でもあるものなのですが、敢えて言うのであれば、水中で無重力状態と同じ様な状態になることです。

水中での中性浮力は、浮きもせず、沈みもしない状態を意味しています。
水中で呼吸をすると、息を吐けば身体は沈みます。そして、息を吸い込めば身体は浮上します。
この沈む動作と浮く動作の差が殆どゼロになる状態が中性浮力であり、「中性浮力ゼロの状態」という言い方をします。

通常は、身体に装着しているウェイトとBCジャケットの中に入れる酸素のバランスでコントロールを行い中性浮力をゼロにするのですが、経験を積んでくると、BCジャケットの酸素を必要とせずにウェイトだけでもコントロールすることが出来るのです。しかし、ウェイトだけで中性浮力をコントロールすることは基本的に困難で、大半の場合は、多少なりBCジャケットの中に酸素を入れてコントロールしていきます。

中性浮力のコントロールが出来るようになると、海底を泳ぐ場合、フィンで海底を擦ることがなくなりますし、そうなることで起きる、視界を閉ざしてしまうこともなくなります。
海底に泥などがある場合、フィンで泥を巻き上げてしまうと、後ろから来るダイバーの視界を遮ることになってしまうのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイビングの旅

このページの先頭へ