館山のダイビングでは、潜るのにも適した透明度の高い海を体験することができます

日本は海に囲まれているため、海産物も多く出回っていますし、レジャー地として海水浴場も人気で、夏のピークになると、とても多くの人で賑わっています。
日本人は海に親しみを持ち、海を楽しむすべを知っているのです。

しかしそんな日本人でも、海のレジャーでありながら、楽しんでいる人が少ないものがダイビングです。
海の中に潜って海中から海を楽しむという、そんな楽しみ方を知っている日本人は、まだまだ少ないといえます。

海に囲まれている日本では、義務教育でも水泳を教わりますし、海で泳ぐことが出来るスキルや、水中に潜る基礎的な訓練は出来ています。

後はダイビングそのものの特訓をして、しっかりと専門の技術を覚えれば十分に適応できます。
折角日本人に生まれて、海も近くにあるのですから、一度は挑戦してみるべきです。

綺麗な海で、潜るのにも良いスポットとして、館山の海があります。
日本の中心の首都である東京からも近い、関東の千葉県の海ですから、アクセスも良いです。

そんな交通の便の良い千葉県の館山の海は、潜るにも適した透明度を誇っています。
明るくクリアな色合いではないですが、黒潮の影響を受けた、魚のシルエットがくっきりと出て、とても見通しが良いエリアでもあるのです。

水面や海水浴場から見る海とは違って、海中の世界は、未経験者には想像もつかないような、素敵な世界が広がっています。
興味を持っているのなら、ぜひ館山でダイビングを経験してみるべきです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイビングの旅

このページの先頭へ