沖永良部島のダイビングスポットについて

沖永良部島は、徳之島と与論島の間にある島で、鹿児島県に所属する島の一つです。
当然に島の周囲は海に囲まれていて多くのサンゴ礁が広がっており、熱帯地方特有の温暖な海に生息するカラフルな魚が多く集まっている地帯でもあります。

そのため、ダイビングスポットは島全体でも非常に多いのが特徴です。
島の形状については、書道で漢字の一の字を跳ね上げた形状をしている島であり、東西に長い島となっています。

なおダイビングスポットについては、島の東側にはエンジェルシャワーとトカキングチがあります。
エンジェルシャワーは海中洞窟の場所で、トカキングチは海亀やマグロが集まってくる入り江で、その圧巻の光景を堪能できるスポットです。

島の北側には軍艦岩、ブルーコラール、ヤグニャドロップのスポットがあります。
このスポットは、島でもサンゴが豊富な地域でもあり、青みかかったサンゴと独特の地形の景観が特徴です。

そして、島の西側にはブルーリボンがあり、カメの根のスポットでは、多くの海亀に出会うことが出来ます。
島の南方であるとコンドルフォートとWアーチが有名なスポットで、ここではギンガメアジの大群や、冬にはマンタが見られます。

Wアーチは文字通り、アーチ上の岩が二つ存在して、島でも有名なダイビングスポットです。
以上が主要なスポットですが、それ以外にも沢山存在します。

沖永良部島は季節によって見られる魚や動物も違ってきますが、何が見られるのか解らない面白いスポットが多いのが魅力となっている島です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイビングの旅

このページの先頭へ