体験型リゾートの伊江島でダイビングはいかが

伊江島(いえじま)は、沖縄本島の本部半島から北西に9キロの海上に浮かぶ、周囲22キロばかりの小さな島です。
本部港からフェリーで30分あまりということで、「日帰りできる離島」として、ファミリーやカップルに人気があります。
イベント型、参加体験型のリゾートが大好きという方には、特にお薦めの島です。

たとえば、ダイビングに興味がある方向けにも、ファンダイビングや体験ダイビング、体験スノーケリングなど様々な楽しみ方が用意されています。

透き通った海の中では、サンゴやイソギンチャク、クマノミなど、熱帯の珍しい海洋生物と触れ合うことができますし、触ると丸く膨れるハリセンボンや、カワハギ、スズメダイなど、色とりどりの魚たちを観察できます。

ダイビングのほかにも、さとうきびやピーナッツの収穫体験、三線(さんしん)教室など、体験型リゾートの楽しみが満載の島で、見所も沢山あります。

ハイビスカス園やリリーフィールド公園、美しい遠浅の伊江ビーチも大いに魅力です。
伊江島カントリークラブでは、絶景の海を眺めながらゴルフを楽しむこともできます。
湧出(わじ、わじー)といって 断崖絶壁の海岸の波打ち際から湧出する泉は、古くから現代までずっと島の水源として利用されています。

また、旧石器時代から古代にかけての遺跡が数多くあり、特に島の南海岸の砂丘には多くの遺跡が連なっています。
欲張っていろいろなことを見たり体験したりして、島をまるごと満喫してください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイビングの旅

このページの先頭へ