エジプト紅海のダハブでラクダに揺られてのダイビング

ダハブは、エジプトの紅海に面したリゾート地で、ダイビングの名所として世界的に有名です。
海岸線沿いには、観光地らしくカフェとダイビングショップが並んでおり、良いホテルはもちろんの事、バックパッカー向けの安宿も何軒かあります。

高級リゾート地のシャルムエルシェイクに対して、庶民リゾートといった所でしょう。
ダハブのダイビングエリアとして有名なのが、ペドウィン村近辺のエリアです。

ブルー・ホールやキャニオン、ケイブ、ライトハウス・リーフなどは世界的にも有名ですが、これらはダハブの素晴らしいダイビングポイントのほんの一部に過ぎません。

ほとんどのポイントで、エントリーがビーチから出来るのも特徴のひとつです。
また、ポイントまで車で行けない場合にはラクダでの移動もあるので、器材を積んだラクダに揺られながら、道無き道を進むシチュエーションは、色んな意味で楽しめると思います。

抜群の透明度を誇るエジプトの紅海は、サンゴ礁とそこを棲家とする色彩鮮やかな熱帯魚達のパラダイスです。
回遊魚やサメ、ナポレオンフィッシュ、エイなどの大きな魚も姿を現します。

紅海は年間を通して透明度が高く、最低でも20mを切ることはありませんし、水温は年間を通じて20℃を切ることはありません。
しかし、冬場は乾燥した北風が吹くために、体が冷えないように気をつけましょう。

また、エジプトは日本よりも英語が広く使われています。
アラビア語を母国語とするエジプト人の英語ですが、アラビア語に無い発音が英語にあるケースがあり、場合によっては慣れるまで聞き取りづらいことがあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイビングの旅

このページの先頭へ