バハマは、一日中イルカと一緒に泳ぐことができます

バハマの海を満喫するには、クルーズ船で寝て、食べて、潜ってと衣食住を全て海の上で過ごすと良いでしょう。
日帰りであっても楽しむことは可能ですが、ダイナミックな海と巨大な魚、元気なサンゴといったバハマならではの海は、ダイブクルーズでこそ本当の海を感じることができます。

滞在中は生活のすべてを船で行うので、より快適な船を選ぶ必要があります。
船はどうしても大きさが決まっていますが、できればゆったりした作りの船が良いでしょう。
また、外国語が堪能であるとか、外国の生活が長いという場合は別ですが、日本人が乗船している船を選んだ方が良いです。

同じダイビングでも、日本人の場合はガイドからコース取りや生物の紹介をしてもらうことが多く、欧米人は自分で潜りたいように潜ることが多い傾向があります。

ダイビングに使う特別な用語も多いので、コミュニケーションが取りやすい日本人がいた方がベターです。
そして、バハマの最大の楽しみとしては、世界でもっともフレンドリーといわれているイルカとの触れ合いでしょう。

一日中イルカと一緒に泳ぐことができます。
夜に夜光虫の光とともに泳ぐイルカの姿は幻想的です。
他にも、野生のサメの餌づけを間近で見ることができる、シャークダイブは迫力満点です。

もちろん通常のダイビングも、白い砂で水中を飛ぶような癒し感やアドベンチャー的な沈船もあるので、満喫できることは間違いありません。
クルーズ船を降りてからも、砦などの歴史的建造物をまわる観光やカジノもあり、陸上でも楽しむことができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイビングの旅

このページの先頭へ