伊豆七島でのダイビングはインストラクターが指導してくれる為、初心者でも安心して行えます

東京から船ですぐ行ける伊豆七島は、ダイビングスポットとしても有名です。
その海は、広い砂浜のビーチが存在する島や黒い岩礁のもの、または黒砂のビーチなど、その島によって異なった特徴があります。

ダイビングのシーズンは、本州から近い島々の場合、本州同様にはっきりとした四季が存在することから、シーズンはやはり夏ということになるのですが、逆に本州から離れれば離れるほどその気候は温暖になり、亜熱帯気候の島も存在します。

そういった場合は、一年中ダイビングを楽しむことが可能です。
また、それぞれの島にショップがあるため、初心者で少し不安がある人でもインストラクターの指導の下であれば、安心してダイビングを楽しむことができます。

そして、島の近くに住んでいる人は日帰りも可能ですが、旅行で訪れた場合は当然宿が必要になります。
大規模なホテルは少なく、ホテルといっても中、小規模の温泉を有するものがほとんどで、小さな島になるとやはり温泉を有する民宿での宿泊が主となるでしょう。

民宿の良いところは金額が手頃で、大きなホテルでは受けられない決め細やかなサービスがあるところや宿泊する部屋以外はほとんどが共同での使用になるため、旅先で知り合ったダイバー達との語らいの場になることは間違いありません。

そこで出会った人と情報を共有し、お互いいろいろな会話を楽しみながら、時間を有意義に過ごせるところもまた民宿ならではの楽しみ方だと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイビングの旅

このページの先頭へ