ダイビングライセンスの取得の仕方

泳げない人でも、海の綺麗な観光地でグラスボート等で海の中を覗いて楽しむ方法はあります。
しかし、そんな体験をすればする程、ダイビングのライセンスを取って自由に海の中を泳ぎたいと考える方は少なくありません。
泳げないから無理と諦める方も多くいますが決してそうではなく、コツを掴んでいけば誰でも上手に潜る事ができますので、是非トライしてみては如何でしょうか。

ダイビング指導団体にはSSIやNAUI等がありますが、世界的に最も知名度の高いのがPADIです。

最初は初心者用のライセンス「Cカード」というランクの取得を目指す事になり、PADIの場合はオープンウォーター・ダイバー・コースというコース名で受講します。

最初に基礎知識を得る為に講習を受けて「知識開発」を行い、機材の名称や機能等から潜水計画の仕方、トラブルを避ける為の知識またはトラブル発生時の対処法等、安全に潜る為に覚えておかなければならない事について勉強します。

筆記試験に合格したら、実際に水中でトレーニングする為にプールダイブからスタートします。
フィンを付けての泳力テストや水面で浮き続けるテスト、ゴーグルに水が入ってしまった時の水中での水の抜き方等様々なスキルを磨いていきます。

最後は実際に海に出て、それまで習った技術を確認していくステップに入りますが、海の中のプールとはまるで違うスケールの大きさに感動するでしょう。

Cカードを持てば全世界どこの海にも潜れる様になりますので、色々な海の世界に出会えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイビングの旅

このページの先頭へ