ケラマブルーでダイビングをしませんか

ダイバーにとって沖縄の海は不動の人気を誇る場所で、同じ日本とは思えないその海の美しさは、一度潜れば他の海には潜れないと感じてしまう程魅力的です。
中でも沖縄本島から西に40km程の海に散らばっている20余りの島の群れケラマ諸島は、世界でも有数の透明度を誇ります。
「ケラマブルー」と異名を付けられる程で、ダイバーなら是非一度はその透明度を体感してみたいものでしょう。

世界に誇れるダイビングパラダイスのケラマへパスポート無しで行く事ができるのは日本人ダイバーの特権と言えます。
この地はウミガメの産卵場所としても有名ですが、座間味島の七番崎は沖縄随一のウミガメポイントです。

アオウミガメを多く見る事ができますが、沢山ダイバーが押し寄せるとカメは何処かへ隠れてしまうので、ドリフトスタイルで流れる様にカメ探しをすると遭遇確率が上がります。

座間味島周辺の他のポイントとして男岩・知志等があり、ここは洞窟や水路等の地形を楽しめたり、イソマグロといった大物の回遊魚に出会えたりするケラマを代表する所です。

渡嘉敷島も多くの絶好のポイントを持っています。
アリガーでは島と島とを結ぶケーブルが海底に引かれていて、それに沿って沖に向かって進路を進むと、水深25mの所に「沖の根」があります。

運瀬は潮の流れが非常に速いドリフトポイントで、潮に乗って豊富なプランクトンが運ばれてくる事から大物の魚に遭遇する事ができますが、アップカレント・ダウンカレントにも要注意の場所なので上級者向けと言えるでしょう。

美しい海でのダイビングを体験すれば、ヘビーリピーターになってしまうかも知れません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイビングの旅

このページの先頭へ