セブ近辺でのダイビングならマクタン島がお勧め

日本から飛行機で4時間程度とアクセスにも比較的便利なフィリピンは、無数の島々からなる国でもあり、ダイバーにとって魅力的なポイントが沢山あります。
特にこの国の特徴的なスタイルとして、器材の運搬やセッティング・脱着の手伝いを全てしてもらえる「殿様ダイブ」が有名で、女性の場合の「お姫様ダイブ」という言葉まで生まれています。

女性なら重くてふらつく程の器材を全てスタッフにお任せできるというのは非常に魅力的なサービスなので、お勧めの場所です。
フィリピンの中で日本人に最も知名度の高い所はセブではないでしょうか。

セブに行く場合に降り立つ空港は、セブ島と橋で繋がっているマクタン島にあるマクタン・セブ国際空港です。

マリンアクティビティを楽しむ場合、このマクタン島に滞在した方がリゾートホテルが集中しているため宿泊施設が充実していますし、通常朝早くから港を出発するスケジューリングがされるダイビングは、港にアクセスし易いロケーションを選ぶ方が時間が有効的に使えます。

ダイビングポイントはマクタン島東部にも数多くあり、一番人気なのが自然保護区にもなっているヒルトゥガンです。
一年中透明度が高く、美しい珊瑚も見られますので、南の海を実感する事ができるでしょう。

魚影も濃く、ツバメウオやロウニンアジ等の魚群が見られれば最高に感動的です。

浅瀬で楽しめるシャングリラ・コスタベラや、中・上級者向けにはダキダキ・マリゴンドンケープ等もあり、誰もが楽しめる場所と言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイビングの旅

このページの先頭へ