ダイビングでの海中撮影にお勧めのカメラ

スキューバダイビングは、水の中でも呼吸が行えるよう自動給気可能な装置を利用し、海の中で海底を散歩したり、遊泳したりできるマリンレジャーの一つです。
日本周辺は、火山の噴火によって地殻変動や溶岩が流れ出していたポイントが多く、これら自然の変化でできた深い割れ目のクレバスや、幻想的な光が差し込むホールといった独特の地形が楽しめます。

特にダイビングでは、水の中でしか味わえない光景を目で見るだけでなく、物として残すためにカメラを利用して撮影するダイバー達も多くいます。

防水機能が標準装備されたデジカメは販売されていますが、スキューバダイビングにおいてはそのままでは使えず、水中用のハウジングと言われる防水ケースやプロテクターを付ける必要があります。

水中ハウジングが用意されているカメラをいくつか挙げてみますと、例えばCanonから出ている「PowerShot S120」はコンパクトで持ち運びしやすいデザインが特徴です。

シャッター時間が約0.1秒とタイムラグがほとんど感じられない為、動き回る魚達を素早く捉えられますし、ズームしても高い解像度を保つことが可能ですから、遠くの被写体を撮っても写りが非常に綺麗です。

さらに、別売りとなる防水ケースに入れた状態で、背面側のコントローラーホイール以外の全操作が行えます。

他に、オリンパスから出ている「XZ-2」は、写真の画質が裏面照射型CMOSと非常に高画質な商品で、設定を自分が使いやすいようカスタマイズでき、また同じく別売りのプロテクターを付ければ水深45mまで潜れます。

海中の写真を撮るなら、このようなカメラを使いましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイビングの旅

このページの先頭へ