世界中からダイバーが集まる渡嘉敷島のダイビングポイント

沖縄県の離島となる渡嘉敷島は本島の西側約40km付近に位置し、大小20の島々で形成されるケラマ諸島の中で一番大きい有人の島です。
この島は沖縄では珍しい田んぼの風景が見られ、3つ存在する集落の付近で稲作が行われています。
観光名所としては、透き通った美しい海が眺められる阿波連岬や、ホエールウォッチングに最適なアラン展望台といったスポットがあり、また、渡嘉敷島は世界的にその美しさが知られている海が魅力で、阿波連ビーチや浦の浜、トカシクビーチに中頭の浜などで、真っ白な砂浜とコバルトブルーの海が目一杯楽しめます。

こうした海へ潜るダイビングにも人気があり、透明度も高いことから集まるダイバーは後を絶ちません。
例えば、島の北側に位置する「タマルル」は、潮の流れが速くないため、穏やかな雰囲気で潜ることができます。

ウミガメ遭遇率の高いポイントとしても知られており、カメはダイバーに慣れているので近付いても逃げません。
また、ウミガメ以外にも、可愛らしい姿が特徴のカクレクマノミや鮮やかな色調のテンテンウミウシといった小さな魚も多くいます。

さらに、洞窟が見られる「灯台下」は暗いポイントに位置しており、地形好きにはお勧めのスポットです。
この洞窟へ差し込む光が非常に幻想的で、上を見上げた際にクレバスの割れ目から明るい海が楽しめます。

平均深度が10m程で潮の流れも強くないので、初心者ダイバーでも安心して潜れます。

世界屈指の透明度を誇る渡嘉敷島の海で、ダイビングを楽しみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイビングの旅

このページの先頭へ