魚だけでなく地形も楽しめる久米島でのダイビング

沖縄県の中で5番目に大きな島となる久米島は、離島ならではの落ち着いた雰囲気と、観光リゾート地という2つの面を併せ持っています。
この島の自慢は、一面に広がる真っ白な砂浜と美しいエメラルドグリーンに輝く海が楽しめる所で、特にはての浜は、久米島の沖合にある砂浜のみでできている無人の島で、白い砂浜が約7kmにも渡って続いています。

また、綺麗な海はダイビングが行える地としても非常に人気が高く、このはての浜を挟んだ北側と南側などいくつものポイントがあります。

例えば、岩の割れ目であるクレバスが長く続く「アーラ」はトンネル状になっている地形スポットで、初心者から上級者まで色々なレベルのダイバーが楽しめる場所です。

無数のクレバスの中へ入ると、両側から迫る壁や海底の真っ白な砂地が楽しめ、このポイント独特の雰囲気が味わえます。

冬の時期には珍しい色彩の鮮やかなハナイカや体色が美しいハナヒゲウツボといった幼魚も観察できますし、サンゴの群生も多く、地形と魚を同時に楽しむのに最適な地点です。

さらに、島のダイビングスポットでは欠かせない「イマズニ」は、最大深度が30mと中級者以上のダイバー向きで、多数の回遊魚が見られます。
ギンガメアジは1年を通じて観察可能で、中でも夏の時期は、黒潮の影響によって浅瀬でもイソマグロの群れに出会えます。

この時に岩や波しぶきをバックに写真を撮ると、とてもダイナミックな群れの様子をカメラに収めることができます。
エメラルドグリーンに輝く美しい久米島の海で、独特の地形や魚達の観察を楽しみませんか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイビングの旅

このページの先頭へ