年間を通じてダイビングが行える伊豆大島

東京から約120km南に位置する伊豆諸島最大の島である伊豆大島は、年間を通じて温暖な気候に恵まれ、火山島ならではの特徴的な景観が楽しめる場所です。
広大な敷地の都立大島公園や、道の両側に立つ木がトンネルになっている泉津の椿トンネルといった、常に多くの人で賑わう東京とは思えないくらい自然が豊かにあります。

また、この伊豆大島の海はダイビングに人気の地点としても知られており、黒潮の影響を受ける海で様々な生き物をみることができます。
そして、1年中海の透明度が高く、火山の噴火で流れ込んだ溶岩が複雑な形を成すような、この島ならではの独特の地形も楽しめます。

大島のダイビングポイントについていくつか挙げてみますと、例えば「秋の浜」は岩場や砂地、海底に積み重なる岩などのガレ場といった多彩な環境があり、多くの生物が見られる場所です。

広々としたスポットで、魚はウミウシやカエルアンコウなどが見られ、サメの一種であるニタリや回遊魚の群れに出会える可能性もあります。
さらに、「ケイカイ」と呼ばれる場所は複雑に入り組んだ地形が特徴のポイントで、探検気分でダイビングが行えます。

潮の流れが速い時もあるので中級者以上にお勧めですが、悠然と泳ぐウミガメとの遭遇率が高く、ハンマーヘッドシャークといったサメにも出会えます。

他にも、円盤状のテーブルサンゴが見られる「王の浜」や魚の集まるアーチが人気の「野田浜」などのポイントがありますので、透明度が高く年間を通して楽しめる伊豆大島でダイビングを楽しみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイビングの旅

このページの先頭へ