ダイビングでマンタに出会えるポイント

スキューバダイビングは、海へ潜って沈没船を探検したり、その地独特の地形を満喫したりと色々な楽しみ方ができます。
魚と一緒に泳げるダイビングですが、中でも大型エイの仲間となるマンタはダイバーに絶大な人気があります。
世界最大のエイと言われるこの魚は体が4m以上で体重が1.6~2トンと非常に大きく、性格は穏やかで人懐っこい生き物です。

国内で見ることが可能で、日本では石垣島の「川平石崎マンタスクランブル」ですと非常に高い確率で出会えます。
エリアは水深が最大15m、平均でも8mで流れはほぼないため、初心者でも安心して潜れるスポットです。

シーズンについては1年を通じて遭遇でき、多い時には4、5匹が頭上を泳ぐ幻想的な光景が楽しめます。
さらに、見られる確率が最も高い時期は夏から秋にかけてで、産卵シーズンに当たるため、10匹以上のマンタに出会えることもあります。

他には、馬の背のような根が沖に張り出す地形が特徴の西表島にある「鹿川 中の瀬」というスポットでもマンダに出会えます。
こちらは水深が浅めですからビギナーにもお勧めで、春先から初夏にかけて多く出会えます。

また他にも、鹿児島県の徳之島やトカラ列島の口之島、沖縄県の黒島など、マンタに出会えるポイントは複数あります。

穏やかな性格で多くのダイバーに親しまれており、一緒に泳いだり写真を撮ったりできますので、ダイビングを行う際はマンタを探してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイビングの旅

このページの先頭へ