ボホールダイビングならまずはバリカサグエリアで

無数の島々からなるフィリピンの中で、最も日本人に知られている島はセブ島でしょう。
その南東に位置し、フィリピンの中でも比較的面積の大きい島であるボホール島はフィリピンの中央部分にあります。
ダイバーにとっては目移りする程のダイビングポイントがありますので、この島一押しの観光スポットであるチョコレートヒル観光も後回しになってしまうかも知れません。

ダイビングエリアはパングラオ島・バリカサグ島・カビラオ島・パミリカン島の周辺となっていますが、特にバリカサグ島はフィリピン国内でも屈指のポイントなので、ここを訪れない手はありません。

ブラックフォレストは流れがきついポイントでドリフトダイブで楽しめ、美しい珊瑚が広がり、その周りを沢山の可愛らしい魚が舞っている様子は一瞬で目を奪われます。

バラクーダやギンガメアジの群れが見られる場所としても有名で、それらのトルネードに囲まれたら大満足ではないでしょうか。

ダイバーズヘブンはその名前が表す通りダイバーにとって天国の様な場所で、豊富な魚の種類を観察でき、非常に充実した水中遊泳ができるポイントです。

大きなカメに出会ったり、最近水族館でも見られる様になった茶目っ気たっぷりのチンアナゴ達が砂地からひょっこり細長い顔を出していたりと、色々な光景を見る事ができます。

サンクチャリは名前通り自然保護区に指定されている場所で、美しい珊瑚が群生しています。
コショウダイの群れに遭遇したり、時にはジンベイザメにも出会えるかも知れません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイビングの旅

このページの先頭へ