ダイビングを行うなら世界中のダイバー憧れの地であるマレーシアへ

マレー半島南部側とボルネオ島の北部側を領域とするマレーシアは、タイ・シンガポール・インドネシア・ブルネイと国境を接した国です。
周囲を海に囲まれている地域でアジアの中でも有数のビーチリゾートであり、シュノーケリングや水中バイクといったマリンアクティビティが気軽に楽しめます。
このマリンアクティビティにおいて、特に人気となっているのがスキューバダイビングで、アジア屈指のダイビングポイントを誇るマレーシアは世界中のダイバーの憧れの地です。

例えば、マレーシア内のサバ州に属すシパダン島は、海の透明度が非常に高く、希少な生き物も沢山生息しています。

島の全周は1.2km程ととても小さな島ですが、世界中のダイバーから世界で5本の指に入る場所と言われており、ダイバーの間では聖地になっています。

環境保護のため無人島のシパダン島では、フレンドリーなウミガメに出会えたり、ツバメウオの大群やギンガメアジのトルネードなど、ダイナミックな生き物の姿を目の当たりにできます。

さらに、東海岸北部のトレンガヌ州に位置するレダン島は、ビーチが非常に綺麗で真っ白な砂浜で、マレーシア国内でも有数の美しさです。

ポイント内においては、ジンベイザメやナポレオンフィッシュといった大きな魚にも出会えますし、日没後に潜るナイトダイブでは夜行性の生物も見られます。

点在するこの国の島々を訪れ、多彩なダイビングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイビングの旅

このページの先頭へ