大小様々な生き物が生息する本部でのダイビング

沖縄県の北部に位置する本部は、山や森林といった緑が多く残るヤンバルと呼ばれている地域で、沖縄の中でも沢山の自然に溢れています。
ここには日本一早く桜が咲く八重岳や、ジンベイザメやマンタを巨大アクリルパネルから見られる沖縄美ら海水族館などの名所や施設があります。
そんな本部町近辺の海にはダイビングが行えるポイントがいくつもあり、始めたばかりのビギナーダイバーが潜れる地点も多いです。

例えば水面移動が比較的少なくて済む「山川港」は、最大深度が12m程度でゆったりとダイビングが楽しめるスポットで、砂地となる海底では、可愛らしいカクレクマノミや長細い体が特徴的なヨウジウオなどの観察ができます。

また、「ラビリンス」と呼ばれるポイントは伸びた根がスロープになり、その間に走る亀裂が迷宮のように入り組んだ場所です。
大きなものは数メートルにも育つ円形状のテーブルサンゴ、目の大きなリュウキュウハタンポ、鮮やかな赤色のアカマツカサといった生き物がいます。

さらに5m~16mまで続く縦長の穴がある「キャメル」は、その穴の中に薄桃色の体色をしたキンメモドキの群生が見られるスポットです。
穴の周りには体長30cmのカサゴ類がいて、中にいるキンメモドキの群れを狙っている様子が観察できます。

他にも、青と黄色の色鮮やかなスミレヤッコや、体長が2mにもなるサメのネムリブカなどが生息しているポイントでもあります。
小魚が多かったり反対に大きな魚が見られたりと、色々な生き物が住むこの本部の海でダイビングを行ってみませんか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイビングの旅

このページの先頭へ