ドライスーツの正しい使用と管理でダイビングが充実

ダイビングする際に必ず着用するのがダイビングスーツです。
暑い夏なら素肌の方が気持ち良いのではと疑問を持つ方もいるかも知れませんが、1本30~40分程は潜り続けるダイビングでは体温損失が避けられません。
他にも、海の中にはクラゲやヘビ等といった危険な生物もいますので、それらからの保護や浮力を確保するといった役割も担っています。

スーツの種類にはウェットスーツとドライスーツの2つの種類があり、寒い季節に潜る以外はウェットスーツを着用します。
水に浸かれば浸透しますので、ウェットスーツの中には水着を着なくてはなりません。

一方のドライスーツは水の侵入を防ぎますので中は全く濡れず、洋服のままスーツを着用して海に潜る事ができます。
水の侵入が無い為保温性があり寒い季節にもダイビングが楽しめますし、海面に氷が浮いている様な冷たい水温でも潜水が可能です。

大変便利なドライスーツですが、水が入り込まないと同時にスーツ内の空気も逃げていかないため扱いに注意が必要になります。

入り込んだ空気が多いと足部分に溜まり易くなり、水中で足先に浮力が掛かってしまい大変危険ですので、まめなエアー抜きが必要ですし、また、ファスナーが水中で壊れてしまうと冷たい水が一気に入り込んでしまうので、メンテナンスはしっかりやっておかなければなりません。

とは言え、ドライスーツの正しい管理と使い方で、ダイビングがいつでも何処でも楽しめる様になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイビングの旅

このページの先頭へ