ゴールデンウィークには、東京都にある府中の例大祭、通称くらやみ祭りがあります。

お祭りと言えば、お神輿、お囃子、太鼓、山車、屋台など、心がウキウキすることばかりです。
しかも、5月のゴールデンウィーク中であれば、爽やかな季節で、見物にはもってこいではないでしょうか。
ゴールデンウィーク中、東京都にある府中の大國魂神社では、例大祭がとり行われます。

新年早々から数々の行事が行われており、5月3日から5日にかけての例大祭での神輿渡御(みこしとぎょ)が、クライマックスのイベントです。
昔は夜、暗い時間に行われたのでくらやみ祭りという名前で呼ばれていました。
大國魂神社は、武蔵の国の総社として相当歴史が古く、大国主命を奉る格式の高い神社です。

府中の町の中心を通るケヤキ並木を抜けると、神社の参道が見えます。
大鳥居をくぐってしばらく参道を歩き、大門をくぐりぬけると拝殿に行きあたります。
このケヤキ並木から拝殿までを、屋台や山車、大太鼓、神輿が行き来するのです。
日本一の大きさを誇る大太鼓をいくつも見ることができます。

一番大きい太鼓の直径はほぼ2メートルで、男たちが大勢で引き回します。
「そーれ」という掛け声とともに、バットのようなバチを振りかざして、男たちが全身の力を込めて叩く様は見事の一言に尽き、必見です。この3日間に、流鏑馬や萬燈、山車、子供神輿、神輿渡御などなど、数々の行事が分刻みで執り行われ、大勢の人がこのために集まり声を出し、府中の街は例大祭一色に染まります。

クライマックスに達する神輿渡御では、一ノ宮から御本社、御霊宮までの神輿が近県から集まり、お休み処から拝殿までを「えっさ、ほいさ」の掛け声とともに力強く練り歩きます。以前はケンカ神輿のように先を譲る譲らないでの争いもあったようですが、今は長老たちがうまく先導するのでそういうトラブルも減ったそうです。一見の価値あり、この古式ゆかしき行事に触れて、日本人であることを再認識してください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ