ゴールデンウィークの渋滞緩和のための高速道路の利用方法

ゴールデンウィークの旅行や帰省で億劫になるのが、高速道路の渋滞や人ごみの多さが挙げられます。
毎年、情報番組や新聞などで渋滞予測が発表され、ピーク時の渋滞の長さを見るとうんざりしてしまう方もいらっしゃるでしょう。
一方で、5月4日が休みになるなど、ゴールデンウィークの長期化に伴い、渋滞が分散傾向にあります。

高速道路各社は、渋滞末尾による追突注意などによる渋滞対策やSA・PAでの駐車場整理員の配置、臨時トイレの設置や大型車の駐車スペース確保、ETCによる料金所の時間短縮など対策を講じています。

また、私たちドライバーができる渋滞緩和策もあります。
渋滞の原因の一つに、上り坂での速度低下やカーブでの無意識の減速などが挙げられます。

これはテレビ番組の実験で見た人も多いと思いますが、サーキットで何十台かの車を一列に走らせ、最初の一台がブレーキを踏むと最後の方の車は、一旦停止してしまうため、渋滞の原因になるのです。

ゴールデンウィークには、普段車に乗らない方も運転することが多いですが、安全に気を付けつつも速度を一定に保ち、渋滞の原因を減らしていくことが必要だと言えます。

現在は詳細な渋滞予測が発表され精度も非常に高くなりましたので、情報をもとに渋滞予測時間よりも早め・遅めに出発して交通量を減らしたり、夜間に移動するしたり、駐車場では係員に従ってスムーズな移動をするなど、心がけとマナーによっても渋滞緩和は可能です。

ドライバー一人一人の努力によって渋滞を減らし、ゴールデンウィークに多くの人が高速道路を使って、事故なくスムーズな移動をできるようにしていきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ