ゴールデンウィーク中の渋滞を避けるには

週末や連休は車で出掛ける人が多く、高速道路の渋滞も非常に起こりやすくなります。
特に休みが長く続くゴールデンウィークは、普段なかなか遠出できない人もこの機会にと遠くまで足を延ばすこともある為、車の交通量が一気に増えてしまいます。
渋滞にはまってしまうと、少しずつ動いたり停まったりするのでイライラを感じやすく、目的地に着くまでに運転者・同乗者共に疲れてしまいますので、そういった大渋滞を避けるには、各高速道路の交通量が増える地点を避けて利用すると良いでしょう。

例えば、関東圏内の高速道路は大和トンネル付近、花園インター付近、海ほたるPAなどのポイントは特に車が詰まりやすい地点です。
これらの場所は迂回路が設けられていないので、一度はまってしまったら流れに乗って進むしかありません。

関西圏の場合、中国道の宝塚トンネル付近で上下線共に大渋滞が起きやすくなっています。
しかし、京都と大阪間の高速道路が近年複線化されていますから、目的地へ快適に向かうならここを回避しながら通ると良いです。

また、東北地方においてはゴールデンウィーク中、下りが国見IC付近や安達太良SA付近、東京方面となる上りが福島TN付近と郡山JCT付近などで発生しやすくなります。

渋滞にはまらない為には避けられるポイントはなるべく回避し、下道を利用するといった工夫が必要です。

ゴールデンウィークは長期の連休で交通量が増えますが、詰まりやすい地点を避けながら行くと停まらずに進めるので、是非試してみて下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ