ゴールデンウィークの海外旅行で人気がある国

待ちに待ったゴールデンウィークがやってくる、そう思うと今年はどんなイベントで過ごそうかとウキウキする人も多いのではないでしょうか。
せっかくの長期休暇ですから、思い切って海外旅行に出かけようと計画を立てる人も少なくないはずです。
では日本人がゴールデンウィークに出かける海外旅行の行き先として、人気の国はどこでしょうか。

インターネットで旅行関連のランキングサイトを覗いてみると、まず群を抜いて旅行者が多いのはアメリカ合衆国で、目的地は大多数の人がハワイやグアムを選んでおり、例年GW期間中は多くの日本人が常夏のリゾート地で海や買物などを満喫しています。

また、同じアメリカでもニューヨークも比較的人気で、この国最大の都市の雑多な雰囲気を楽しんでみたいという人も多いようです。

そして、続いて人気が高いのは台湾で、フライトの所要時間は約3時間、公用語は中国語ですが日本語も大体通じるので、旅慣れない人でも気軽に行けるのではないでしょうか。

独特のB級グルメを堪能したり、九分や台北故宮博物館など人気スポットを訪れて、どこか懐かしさのあるアジアン情緒を感じれば外国に来たという実感も充分沸くでしょう。

それから、フライト時間が短く、気候も日本とほぼ変わらない韓国へも多くの人が訪れています。
韓国グルメや免税店でのショッピング、世界遺産の観光などを目的に、手軽な海外旅行が楽しめる場所です。

そしてそのほかにも、タイやシンガポール、中国などのアジア圏が上位に入っており、こうして見ると身近なところへグルメやショッピング目的で行くケースが多いことがわかります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ