ゴールデンウィークの名称の意味とは

4月29日の昭和の日、5月3日の憲法記念日、5月4日のみどりの日、5月5日のこどもの日といった祝日が多く集まる期間のことをゴールデンウィークと呼びます。
期間内にある祝日の前後には、その年によって土曜日や日曜日などの休日も含まれ、上手く繋がれば1週間、中には平日に休みを取って10日以上の連休にできることもあります。

このゴールデンウィークという名称には複数の意味があると言われており、まず1つ目は、昭和26年の1951年に上映された映画から来ているという説です。

現在の大型連休期間内に上映した「自由学校」が、正月や盆の興行よりもヒットし、これを機に沢山の人々に見てもらおうと考えた松山英夫氏がこの言葉を作ったと言われています。

もう一つの説は、ラジオで一番聴取率が高いゴールデンタイムの時間帯から来たというもので、4月下旬から5月上旬のこの期間ですが、最初は黄金週間と呼ばれていたものの、より一層インパクトを付けるために現在の名称が用いられたとされています。

このようないくつかの説があるゴールデンウィークは休みが集中するため、旅行へ出掛けたり、期間限定で行われるイベントに参加したりと楽しみ方が豊富です。

また、国内ではなく休みの期間が比較的長いことを利用して海外へ旅行に行く人も沢山います。

春ならではの花々が見られるオランダ・ベルギーや、ビーチリゾートのハワイ・サイパンでのんびりと過ごす旅など、旅行会社も多数のプランを販売しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ