高松発着の高速バス路線

旅行にビジネスに活用する人が増えている高速バスは、リーズナブルな料金設定が人気の理由ですが、高松発着の高速バス路線(乗合バス)も利便性が高いです。

本州から四国入りする方には、大きく分けて、九州方面、関東方面、東海方面、関西方面と別れており、その中でも関西方面の便数や目的地も細かく設定されています。

具体的には、大阪32往復の運行で、香川方面からの始発便は5時20分・最終バスは20時発で、1時間に2本から3本の運行間隔で発着し、大阪駅までの所要時間は3時間35分前後です。
片道運賃は3900円・往復運賃は7000円と、日帰り出張などをする方に重宝されています。
4枚つづり回数券もあり、価格は14000円で更に期間限定で特別割引が適用されるシーズンもあります。

また、早期購入割引・インターネット決済割引を活用する人も増えていて、関西国際空港を利用し、高松入りする学生旅行者なども多くいます。
また、同じ四国内の高速バスとして、松山間とは1日15往復、徳島間とは12往復の運行で、1時間から1時間30分に1本の運行間隔利用でき、JR徳島駅までの所要時間は1時間35分ほどで着きます。
この便は土日祝日は特別割引運賃として片道1000円で乗車可能で、現地の人も多く利用しています。

高松を四国旅行の拠点とする人も多く、本州からのアクセスは四国の中でも比較的交通の便が良いのが理由で、そこから各観光地、もしくはビジネスをしに行くのにも、高松発着の高速バスは効率的です。

活用する人も多いので、高速バスを検討している方は路線の予約をしておいたほうが確実です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ