福岡からの夜行バス

福岡からの東京行きの夜行バスは恐らく全国の夜行バスの中でも、最も長い距離を走るものの一つだと思います。
いくつかの会社で運行されていますから、会社によってスケジュールなどは違いますが、夜の9時くらいに新宿を出て、博多に着くのが翌日のお昼ごろです。

数年前までは8000円くらいが最も安いものでしたが、片道900から1000キロくらいの長距離にも関わらず、現在では、最安値で5900円というのがあります。
格安航空会社が成田と福岡を2000円ほどで移動できるキャンペーン価格を打ち出していますので、それに対抗して安い値段にせざるを得ないのかもしれません。

4列シートの運賃の安いものには、車内にトイレはありませんが、大体3時間おきくらいにパーキングエリアでトイレ休憩があります。
それぞれ大体10分ずつくらいです。

運行会社によっては、1万円くらいの運賃のところもあります。
こうしたところでは、車内にトイレがあります。
また、3列シートでそれぞれの席が独立していて、すぐ横には人はいません。

横と前後にカーテンがついていて、消灯時にはカーテンを閉めるので、それぞれの席が個室のような感じになります。
因みに、3列シートのトイレつきのバスでも、それほど頻繁ではありませんが、パーキングエリアでの休憩はあります。

考えようによっては、夜行バスでの移動は宿泊費が浮くので、他の交通手段に比べると大変お得です。
ゆっくり寝られれば、起きたときには目的地に到着しているので、面倒がありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ