大阪、広島間の高速バスの乗り心地について

県外に行く時に公共の乗り物を使用するなら、新幹線、飛行機、高速バスが考えられます。
やはり速いのは新幹線や飛行機です。

しかし、一番値段が安いのはもちろんバスです。
広島などの中国地方の人が大阪に遊びに行く時には、高速バスを利用する人も非常に多いです。

新幹線だと大体2時間程度ので行けるのですが、バスの場合ですと5時間くらいです。
倍以上の時間はかかるのですが、さほど長くは感じません。
小まめに休憩もあるので、外に出て空気を吸ったりすることもできるし、各県のサービスエリアではご当地ものを楽しむ事もできます。

そんなことをしているうちに、あっという間に5時間なんて言う時間は過ぎていきます。
それに、最近の高速バスは意外に乗り心地も良いです。
二階建てになっているものもあり、目線が高いので酔いにくく、座席も長時間座っていられるように、足を延ばせるようにしてあります。

空いていればかなりリラックスした状態で快適なバスの旅を楽しむ事ができます。
広島からの出発地点も、広島駅、バスセンター、中筋駅など非常にアクセスの良い地点で乗り降りができるので大変便利です。

それに、肝心の値段も往復で約1万円程度です。
新幹線利用だと大体2万円くらいかかるので、およそ半額で大阪まで行くことができます。

しかも、深夜に出発する便を選べば、次の日は朝からしっかりと観光を楽しんだりすることもできます。
安く楽しく行けるので、バスの旅もなかなか捨てたものではないと思います。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ