横浜駅東口の高速バスターミナルは便利

横浜駅の東口、地下街を通って大手デパートに向かって歩いていくと、バスターミナルへの案内看板が見えてきます。
通称YCATというバスの発着所があるのですが、そこからは主に羽田空港や成田空港、そしてお台場方面へのバスが出ています。

ターミナルから首都高速神奈川線までは近いので、割と短時間で目的地に着くことができるかと思います。
特に羽田空港への路線は歴史も長く、多くの人に利用されています。

羽田空港には鉄道も直結しておりバスに乗らなくても行くことはできますが、バスの場合は空港の出発ターミナル目の前に横付けしてくれるというメリットもあり、大きな荷物を抱えての乗り換えを避ける人からは根強い人気があります。

羽田へのバスは運転本数も多く、また高速道路の渋滞も比較的少なめであることから、安心して乗ることができるといえます。
また最近では、三浦半島西部地区への高速バスも運転されています。

三浦半島は、東側の東京湾沿いは鉄道路線があり交通の便もいいのですが、西側の相模湾沿いは車やバスに頼るしかない状態のため、高速道路を利用して横浜に行けるこの路線は地元からも人気があります。

夜になると、主に関西方面への夜行バスが出発します。
名古屋、奈良、和歌山といった中距離から、福岡までの長距離バスも出ています。
夜行列車が激減してしまった今、夜を利用して移動するには高速バスを利用するのが一般的となっており、東京発着のバスだけでなく横浜発着の路線も多く設定されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ