新潟から仙台、さらに東北各地への移動は、高速バスが一番便利

新潟発着の高速バス路線は、地方都市としては充実したラインナップですが、その中でも仙台行きは1日8往復が運行されており、東京線に次いで本数が多い路線となっています。

新潟と仙台を結ぶ直行の交通機関は、かつては在来線の列車や飛行機などもありましたが、現在では高速バスが唯一の直行手段です。
在来線の列車では、ローカル線を何度も乗り継いでいく必要があり、時間が掛かる上に本数が少なく、不便です。

新幹線であれば速いですが、わざわざ大回りをしなければならない上に、運賃はかなりの高額になります。
その点、バスであれば、運賃は片道4,500円で往復割引もあり、所要時間も4時間と、最もコストパフォーマンスに優れた方法です。

また、所要時間は掛かりますが夜行便もありますので、1日を有効に使いたい方はもちろん、新幹線などを利用して岩手県や青森県、さらには北海道方面へ向かいたい方にもお勧めです。
最近では、夜行便と一部の昼行便が、3列独立シートの車両で運行されていますので、快適性もアップしています。

予約も最近はバス会社の窓口だけでなく、コンビニやネットでもできるようになって、ますます便利になりました。
ただし、週末の金曜日や連休初日の前の晩に発車する夜行便は、早く売り切れますので、早めの予約をお勧めします。

新潟から仙台や宮城県、さらには東北各地への旅行をお考えの場合は、乗り換えなしで運賃もお得、そして本数が多くて夜行便もある高速バスの利用を、是非検討してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ