仙台と秋田間を結ぶ高速バス。

現在は全国各地を結んで高速バス網が敷かれています。
低価格化が進み、バスの居住環境も改善される傾向にあるため以前にも増して需要が高まっているということです。

東北の地でも、高速バスは縦横無尽に走り回っています。
東北の一大拠点である仙台を中心に、主要自治体を結ぶ形で多くの便が設定されており、特に仙台には東北の各地から人が集まる傾向にあるのでバス路線の需要は高いです。

以前であれば移動手段は鉄道がメインで、国道などの一般道の整備は遅れがちで、山間部が多く自動車での移動には時間がかかりましたが東北道に加えて東北を横断する高速道路が開通してからは格段に自動車での交通アクセスが向上しました。
これを利用した貨客サービスが普及するのも当然です。

現在仙台と秋田を結ぶ路線には主だったところで3社が高速バスを運行していて、まとめてひとつの「仙秋号」という名称で運行されています。
3社を合わせるとかなり頻繁に発着便がありますので利便性は高いと言えます。

繁忙期などには予約が取りづらい状況になることもありますが、ほぼ1時間単位で次の便がありますので次善の策を取ることは出来そうです。
バスは一般的な装備を備えたもので、全席禁煙で、バス会社によっては車内トイレを完備していて、その他にトイレ休憩を1箇所用意しています。

約3時間半の道のりを過ごすには十分な環境を提供しています。
10日間有効の往復割引乗車券も用意されているので工夫次第でさらにお得な利用が可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ