東京と徳島を結ぶ超豪華な高速バス

かつては夜行列車が当たり前だった旅も、今や寝台列車はほとんど姿を消してしまい、高速バスを利用するのが一般的となっています。
そんな中、東京から徳島へ向かう路線に超豪華な設備を持ったバスが登場して話題を呼んでいます。

一般的にバスの座席は4列の配置ですが、グレードが上がると3列シートになり、リクライニングの角度もより深いものになります。
しかし東京と徳島を結ぶバスの中には、わずか12席のみの配置というものがあります。

通路を挟んで左右1列に6席ずつが配置され、しかも各座席がパーテーションで仕切られています。
カーテンを閉めれば完全に個室状態となり、足を伸ばして眠ることも可能です。

車内の後部には更衣室も兼ねた大型のトイレがあり、ここで着替えてから眠りにつけば、まさに動くホテルといった感覚といえ、こういった設備があることからこのバスは女性にも人気となっています。

高速バスは非常に競争が激しく、バス会社は様々な工夫を凝らして利用客を増やそうと努力しています。
超豪華な設備を売りにするバスもあれば、価格の安さを売りにするところもあり、どれを選ぶかはもちろん個人の主観によりますが、移動が長距離になる場合には座席のタイプにも気を配るのも必要といえます。

せっかくの旅行ですから、旅先についてからの観光を目一杯楽しめるよう、少しでもゆったり眠れるようなバスを選びたいところです。
高速バスを比較したサイトもありますので、参考にしてみるのをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ