長岡からの高速バスで、一番便利なのは新潟行きの路線

長岡市の場合、高速バスを中心部から利用するのは、あまり便利ではありません。
なぜなら、多くが市内中心部を経由せず、郊外の高速道路上にあるバス停に停まるだけだからです。

中心部から乗れるのは、京都・大阪経由の堺行きと新潟行きの2路線で、その他にツアーバスがあるだけです。
東京行きはもちろん、他の県外や上越方面などは全て郊外の高速道路上にあるバス停からになります。

このような長岡市の高速バス事情ですが、やはり何といっても一番便利なのが、新潟へ行く路線です。
この路線は、新潟県内で初めて高速道路が開通したのと同時に走り始めて以来の歴史があり、ほぼ30分ないし1時間に1本のバスが運行されており、新潟までは在来線の普通運賃よりも安く、新潟市内では県庁や市内中心部も経由するので、非常に便利です。

長岡市内でもいくつかの経路があり、ほとんどのバスが信濃川の東側にある中心部から川を渡って西側の市街地を通り、高速道路へ入ります。
市内でも何箇所かバス停がありますので、特に駅から遠い川の西側の住民にとっては新潟まで行くのに非常に便利な交通機関です。

そのため、買い物やレジャーはもちろん通勤や通学、ビジネス、病院通いといった所用に気軽に利用され、高速道路割引の影響で以前より減ったものの、毎日多くの人が利用しています。

また、この路線の存在は早くから鉄道を脅かす存在となっており、バスに対抗して新潟まで新幹線が約半額で利用できるようなきっぷもあるほどです。
とはいっても、急がないのであれば新潟へは安くて快適な高速バスを選ぶ人が多くなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ