高速バスで上高地まで一直線

上高地は、そこ自体が中部山岳国立公園に指定された特別名勝・特別天然記念物で、多くの観光客を集める観光地でありますが、穂高岳などの登山ルートにもなっていることで知られています。
そのため、特に夏季には首都圏などから大勢の人がやって来ますが、貴重な自然環境を保護する目的で、自動車の乗り入れ規制が行われています。

マイカーの乗り入れは通年で禁止されていますし、近年では観光バスも7月8月の乗り入れ規制の対象になりましたから、シーズン中のアクセスの手段としては、事実上公共交通機関の利用に限られます。
著名な観光地ですから、都内からの高速バスの便も多数あるのかと言えばそうではありません。

しかし、観光客の便宜を考えて、横浜・東京から上高地まで一直線で行けるバスの便があり、特に、横浜を夜中に出て新宿西口を経由して、早朝6時頃に到着する便は、観光客に重宝されそうです。

ところで、この夜行バスは予約が必要ですので、満席で利用できないこともあります。
その場合は、鉄道や高速バスで松本駅まで出て、そこから地方私鉄の新島々行きの電車で終点まで乗ります。

新島々駅前からは、上高地方面行きのバスが比較的多い本数で運転されています。
松本駅からの直行便もありますが、これは1日1往復と少ないので、通常は電車との乗り継ぎになります。

新宿駅前を夜中に出て、早朝に松本駅前に到着する夜行高速バスもありますから、これでも朝の内に現地に到着することが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ