岡山と福岡を結ぶ夜行高速バス

岡山と福岡を結ぶ高速バスは現在、夜行バスとして1日1往復運行されています。
夜行バスの場合、運転士は通常2人体制でありますが、この便に関しましては走行距離が短いこともあり、1人体制での運行を行っています。

昼行で運行した場合、5時間半くらいの所要時間で到着できる距離です。
夜行バスとして運行しているため、昼行での運行と同じようにすると深夜には到着してしまいます。

そのため、途中のサービスエリアでの休憩時間を長く取ることによって、運転士の休憩と時間調整を行っています。
出発時間は22時頃で、到着時間は翌朝6時から7時の間に到着するように設定されています。
運転士が1人体制でも運行可能であるのは、休憩時間が長く取れて、仮眠できる状況にあることが言えます。

岡山と福岡を結ぶ高速バスは以前は昼行便も設定され、1日2往復運行されていた時期もあり、昼行便は利用客が少なかったため一旦廃止されましたが、数年経過した後、別のバス会社が再び運行するようになった時期もあります。

現在は開設当初より運行されている夜行バスの形態で運行されています。
岡山と福岡間は飛行機便が設定されていないため、他の移動手段は新幹線か乗用車ということになります。

大半の方が新幹線を利用していますが、運賃が高額であるため、お金を所持していない学生や早朝より時間を有効に使いたい方などを中心に、お盆や正月などは臨時便が運行されるなど好評な路線です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ