弘前と東京の間には昼行高速バスも運行する

現在、東京から鉄道で弘前に行くには、一旦青森市まで出てから南下することになりますが、高速バスでは青森の手前になります。
東京までの距離が結構ありますから、夜行高速バスしかないかと言えばそうではなく、ちゃんと昼間の便も用意されています。

長い間、東京と青森とを8時間かけて結ぶ特急列車が走っていましたから、このバスはその列車が廃止された後を受け継いだ恰好です。
運賃は大人往復1万円と、鉄道に比べると随分安価で、リクライニングシートに座れれば乗り得と言えるでしょう。

尚、男女ペアの合計年齢が百歳を越えた場合には、2人合計の往復運賃が千円引きになるサービスもあります。
夜行バスは往復8千円から1万8千円までと数多くのバリエーションが用意されています。
運賃の差はシートの列の数などアコモデーションの差や、ブランケットなどのサービスの有無などによるもので、こちらも、過去に廃止になった夜行列車の役割を受け継いで走っています。

首都圏からの距離が非常に長いということもあって、経由地の仙台市や盛岡市に向かう流れもあります。
盛岡までは大人往復で5200円で、買い物客や小旅行客を当て込んだ1日8往復のサービスです。

地方のバス事業者にしては珍しく学割があるのが特徴ですが、トイレが設置されていないことに注意が必要です。
仙台市までの便は出張客の利用を想定しているサービスです。

往復8千円で利用でき、昼行のみの1日6往復の運行となっています。
利用目的に応じて交通手段を使い分けるのが賢い利用法と言えそうです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ