東京と松本を行き来する高速バス

長野県の松本市は、人口の比較的多い主要都市でありながら新幹線が通っていません。

そのため移動手段としては、ほとんどの人が在来線の特急列車と高速バスのどちらかを選ぶこととなり、両者が激しい競争を繰り広げています。
新宿駅のバスターミナルからは、甲府や松本、そして長野県各方面へのバスが出発しています。

また新宿駅からは、甲府そして松本への特急列車が頻繁に運転されており、新型車両を次々に導入してサービスの向上を図るなど、鉄道側も力を入れてきています。

鉄道のメリットは何といっても時間が読めるという点でしょうが、バスの方は価格面でかなり優位に立っているといえ、往復割引を使えば急な出張でも対応でき、回数券を活用すれば、グループ旅行の際などにはメリットが大きいです。

また所要時間も鉄道と比較した場合、意外とその差が感じられないことも分かります。
これは新幹線ではないことが理由としては大きく、高速バスを選択するケースが増えてくる要因にもなり、東京から信州方面へは、ビジネス客とともに観光客の利用が多いのが特徴です。

夏場の避暑リゾート、冬場はスキーと、有名なリゾート地が点在しています。
鉄道かバスか、長い間競争が続けられていますが、利用者側から見ればそれはとても有難いことです。

両都市間を頻繁に往復する人には高速バスのメリットが大きく、今後も一定数の利用客が見込まれます。
それぞれ目的に合った利用をすることが大切ですが、総合的に見るとやはりバスの優位性が高いといえます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ