東京から名古屋への夜行バスの利用

東京から名古屋までの夜行バスを利用する場合には、関東を22時から23時ごろに出発して、愛知に翌日の6時前に到着するのが一般的です。
東京と愛知が距離的にそれほど離れていないこともあって、関東を17時ごろに出発して、名古屋に同日の23時ごろに着く夜行バスもあります。

関東を出発する際の出発地としては、東京丸の内や新宿等が代表的です。
バスは、関東を出発すると、東名高速道路や中央自動車道を経由して愛知県に向かいます。

夜行バスが東名高速道路をルートとして選んだ場合には、愛知県では岡崎や豊田、豊橋などの都市で途中下車する事も可能です。

また、終着のバス停が岐阜や一宮、大垣などになることも珍しくはないので、利用の際には、名古屋まで行く場合であっても、途中下車が必要なのかどうか注意しましょう。

価格に関しては、格安のチケットの場合、片道で3500円から5500円位が相場です。
場合によっては、往復割引などの割引を利用することができて、更に安く移動することも可能です。

関東から愛知県まで東海道新幹線を利用して移動した場合には、片道で1万円の交通費がかかることを考えれば、夜行のバスはリーズナブルな価格で移動ができる魅力があると言えるでしょう。

また、夜行のバスを予約したり購入する場合には、以前は電話や窓口で行うことが一般的でしたが、最近ではインターネットの利用が手軽になりました。

価格の比較サイトも沢山開設されているので、購入手段に関係なく、まずはこれらのサイトで情報を入手することもお勧めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ