名古屋と仙台間を結ぶ高速バスは、名鉄が運行しています

名古屋から唯一東北地方と結んでいる高速バスは、名鉄が運行しています。
21:30に東海地方を出発したバスは、翌朝の6:50に仙台に到着します。
復路も同じようなダイヤで運航されています。

車内は3列独立のリクライニングシートで、プライバシーカーテンやプラズマクラスターなども設置されており、車内環境の向上が図られていますし、トイレもあります。

この路線の特徴としてはまず、中部圏と東北圏を結ぶ唯一の路線であるということが挙げられます。
鉄道の場合は東京を経由する必要があり、朝一番で出てもお昼前にしか到着できません。

航空便もありますが、それでも到着は10時前後になってしまいます。
それに対してバスを利用すれば、早朝に到着することができ、ビジネスにも観光にも利用しやすくなっています。

東海地方から向かう乗客の特徴として、仙台を目的地とした乗客だけでなく東北地方を目的地とした乗客の利用者が多く、到着地が早朝なのでそこから山形や岩手、青森方面にも足を伸ばしやすいようです。

仙台は東北地方の中心地と言うだけでなく、地理的にも利便性の高い場所に位置しています。
鉄道で山形へアクセスでき、東北新幹線や秋田新幹線を利用すればすべての県庁所在地に容易にアクセスが可能です。

大型の街であるだけにレンタカーなどの営業所も充実しており、利用者はいろいろな方法で行動することができます。
価格も11100円に設定されていて、これは新幹線を利用した場合の約半額です。
このように、時間を有効活用し、価格的にもお得な路線なので人気が高くなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ