東京~富山間は高速バスが断然お得

富山から東京までの距離は約400キロあり、本州を南北に縦断するような感じです。
この2都市間の移動手段は、飛行機も新幹線もあるので、交通の便は比較的良い方だと言えます。
しかし、ここでは飛行機と新幹線で満足することなく、できるだけ安く、そして快適な旅をテーマに、高速バスの利用についてご紹介します。

富山と東京を結ぶ高速バスは多くのバス会社が参入しており、昼行便も夜行便も走っているため、大変便利です。
昼行便は、約8時間かけて2都市間をのんびりと運行します。

この昼行便の価格は、なんと2900円です。
ちょっと隣の県まで行くというくらいの安さに感じます。

このお値段は非常に魅力的ですが、忙しい方にとっては、昼間に8時間もバスに乗っていられないかもしれません。
そんな方は、夜行便を利用しましょう。

夜行便は本数が多いので若干の誤差はありますが、概ね7時間くらいかけて運行します。
夜行便の何が良いかというと、それは寝ている間に目的地に到着することで、睡眠時間もムダにしないという究極の時間節約法です。

夜行便の方は3000円から6000円程度で乗ることができますが、この金額の幅はバスのグレードによるもので、少し値段が高いものですと、4列シートでもリクライニングが140度とか150度くらいまでできて、フットレストやレッグレストも備わっていたり、3列シートでさらにゆったり座れるなどの特徴があります。

リクライニングによって寝心地は大きく変わってきますから、ちょっと値段を上げて、快適さを追求するのも良いかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ