大阪から静岡行きの高速バスは、片道3,000円から6,000円ぐらいで、時期によってずいぶん値段が変わります。

富士山は、静岡県と山梨県にまたがる活火山ですが、2013年6月22日に、「富士山、信仰の対象と芸術の源泉」という名で、世界文化遺産として登録されました。
これを受け、富士山への観光客がとても増え、登山に挑戦する人も増えています。
富士登山は7月1日から8月下旬が山開きのため、この2か月はとても人が多いです。

しかし、季節折々の風景はいつでも美しいので、いろいろな季節に訪れてみるのも良いでしょう。
関西から行く場合は、大阪から静岡行きの高速バスがあります。
片道3,000円から6,000円ぐらいで、時期によってずいぶん値段が変わります。

大阪を夜出発すると、新大阪や千里ニュータウン、京都駅前などに停車し、朝方到着するというのが多いようです。
停車地は、各交通会社によってばらばらなので、確認しておきましょう。
富士山だけでなく、静岡には美味しいものもたくさんあります。

富士宮焼きそばやおでん、浜松餃子などは、B級グルメとして全国的にも有名になっています。
また、堂ヶ島の洞窟や中田島砂丘、伊豆アニマルキングダムや富士サファリパーク、掛川城、御殿場プレミアムアウトレットなど、遊べたり、観光出来るスポットもたくさんあります。

マイカーを運転して行くよりもゆっくりと出来ますし、値段も安い時期に行けばお手頃なので、観光やショッピング、また美味しいものを食べに行くのにも高速バスはお勧めです。
逆に大阪へ来る人は、たこ焼きなどの粉ものを食べたり、ユニバーサルスタジオジャパンへ行くこともできます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ