移動時間もかかる東京と長岡間の高速バスは快適さも大切です。

東京と長岡間を繋ぐ高速バスは、夜間だけではなく昼間でもかなり格安で提供されています。
最も安い金額だと千円代からというところも出てきていて、飛行機や新幹線の利用を考えれば全く比べものにならないのですが、旅行バスセンターには他にも様々なタイプのツアーが組まれていますから、安全性などにも気をつけて検討したいところです。

移動時間に関しては、東京と長岡間は約6時間と、高速バスでもこれくらいは普通にかかってしまいます。
しかし、その移動時間の怠さや疲れを最小限に抑えてくれる仕組みがいくつか用意されています。

VIPのような扱いで注目があるバスは、とてもバスの中とは思えない空間となっています。
洗顔が出来たり、ドライヤーやヘアーアイロンが完備されていたり、無線LANや多種類のドリンクが飲めるなど、無料でほとんどが利用できるサービスばかりですが、運賃料金はそれなりに高くなるようです。

長距離バスならではというところでは、足元の部分が他社バスより1.5倍広い足元ゆったりシートという車両があり、こちらも格安というわけではありませんが、長時間同じ態勢でいるので体の負担をなくしてもらいたいという理由から出てきたものです。

利用者からすれば、単に乗るだけなので安さをまずは考えがちですが、最近起こった長距離バスの事故は安全に対しての配慮のなさが原因でした。
今後は安さというよりも、大切な命を守る為に安心安全をモット—にしたバス会社を選んで利用する事も大切だと言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ