横浜広島間の高速バスは、夜寝ている間に目的地に到着している状態です

高速バスとは、高速道路を経由して横浜から広島と言った都市間や、または都市と観光地などを結ぶために設定されたバスのことを言います。
その内、日を跨いで運行する路線は夜行バスと呼ばれることがあります。
高速バスの便利なところは、他の交通手段を使うよりもリーズナブルな運賃だと言うところです。

更に、往復割引や学生割引なども付いている高速バスもあります。
また、乗換えがないところも挙げられるでしょう。
他の交通機関ですと乗り換えないといけないルートもありますが、目的地まで直行の高速バスでは途中の休憩があっても乗り換える不便さがありません。

横浜を夜出て、寝ている間に目的地の広島に到着している状態なので、昼間の時間を観光に当てるなど無駄なく有効に使えます。
2012年4月に起きた高速バス大事故の影響からか高速ツアーバスを廃止し、厳しい安全基準のある乗り合いバスに一本化する新制度が、2013年7月31日の夜行便から始まり、東京や新宿でバス会社が停留所を設置したかなど、制度の条件を満たしているか点検が行われたりしました。

運転手の管理体制や停留所設置などを義務付けた新制度がコストに見合わないなどと286社あったバス会社が、乗り合いバスとして引き続き運行を継続できる許可を取得したのは3割に満たない79社になっています。

このようにバス会社が激減した中で、地方から横浜に来る人や東京から広島に観光や帰省する人にも、値段が少し上がるなど影響が出ているようですが、安全のためには仕方のないことだと言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ